レディー

咲き誇るフラワーギフトでココロを掴もう|シアワセを実感してもらう

お店の開店を祝う

フラワー

人気のある花

友人や仕事の取引先などが新規でお店をオープンする際、開店祝いを贈る事がマナーです。開店祝いは、お店が開店するに当たり、祝福と応援の意味を込めて贈られます。開店祝いでは、ほとんどの場合、胡蝶蘭、観葉植物などの花を贈ることが多いです。お店の前にずらっと花が並んでいると、とても華やかになります。なので、新しい門出として、花は相手にたいそう喜ばれます。花にも色々な種類があるので、開店祝いで選ぶ際は注意点が有ります。まず一番は、店の雰囲気に合わせて色や種類を選ぶことです。華やかなお祝いのものなのに、黒や茶など暗い花を選んでは意味がないです。先方と話ができるなら、店の内装を確認しておくといいです。それと、観葉植物の場合は場所を取るので、置く場所の広さを絶対に確認すべきです。また、スタンド式か置き式がいいのかも大切なチェックポイントです。

贈る際のマナー

花を開店祝いとして贈る際には、縁起を担ぐための注意点が有ります。まず一番気をつけなければいけないのは、赤い花を贈るのを避けることです。その理由は、花が赤いと店の赤字、火事など悪いことをイメージしてしまうからです。縁起が悪いとお店の人に嫌がられるので、マナーとして避けた方が良いです。その他にも、花を贈る際には花言葉にも気を使う必要が有ります。いくら花の見た目が美しくても、不吉な花言葉を持っていたら意味がないです。なので、花を選ぶ際には、必ず花屋さんに花言葉を聞いて買うことをおすすめします。そして、最後のマナーが、お店の開業日の午前中に届くように贈る事です。開業日の数日くらい前に贈る人もいますが、それだと花がくたびれていることが多いです。なので、開業日の午前中に届くように配慮する事が大事です。

花言葉で使い分ける

また、花に詳しくない人でもフラワーギフトを業者に依頼すれば用途にあわせて花束を作ってくれます。花によって意味が変わってくることもあるので、フラワーギフトを選ぶ際には花の意味なども確認してから選ぶのがポイントとなります。咲き誇るフラワーギフトは誰でももらって嬉しいものです。

花を贈る際のマナー

お花

開店祝いでは、店舗を飾る花や植物を贈る習性があります。特に観葉植物は、その地域に根付くという意味があります。したがって、縁起が良いので、多くの方が開店祝いとして選びます。花を贈る際は、誰が贈ったか一目で分るように立て札をつける事がマナーです。

もっと読む

礼儀で知っておきたいこと

箱

開店祝いとして、花を贈ろうと考える人は多いです。胡蝶蘭や観葉植物、フラワーアレンジメントなど、お店の形態や種類などにあわせて選ぶことができます。開店祝いを届ける日は、開店の一週間前から前日に届くようにすると良いです。

もっと読む

開店のお祝いを選ぶ

プレゼント

開店祝いを選ぶ注意点は、火事を連想させるライターやストーブ、キャンドルなどから、赤い色の商品は避ける事です。開店祝いを選ぶ際のテクニックですが、開店当時は何かとお金がかかるため、現金や金券を贈ると喜ばれるでしょう。

もっと読む